愛知県名古屋市の「キャッスルプラザ」さんにて結婚式の写真撮影

ブライダルシーズンに突入します昨年の10月初めに、持ち込みカメラマンとして結婚式の写真撮影をさせていただきましたのは、名古屋駅近くにあります「キャッスルプラザ(CASTLE PALZA)」さんです。

よくあるシティホテルが運営する結婚式場ですね。

ですので外観はそのまま「ホテル」って感じです。

結婚式写真に限らず、写真撮影と言えばまずは外観から撮っていくのがお決まりとなっているわたくし、GLASSY-PHOTOカメラマンなのです。

記録動画撮影で身に染みた職業病とでも言いましょうか、5W1Hの基本で始まることが撮影のくせとなっております。

写真でもそうなのですが、イベントなどであれば「どこで」行われたのかがまず知りたいじゃないですか。

それが超基本的なその建物の「外観」というものです。

建物の外観に限らず、その建物の周辺環境なども写真におさめておく場合もあります。

写真を見て「へぇ~、こんなところにこの建物があるんだぁ」って思いますよね。

結婚式であればそんなことまでも思い出となるのではないでしょうか。

そういったことまで惜しみなく写真撮影するのがGLASSY-PHOTOカメラマンでございます。

この外観写真も入館してから随分と経過してから撮ったものなのですが、まず最初に撮った外観がありましたが、その時は曇り空だったのですね。

しかし入館していろいろ写真撮影しているうちに空が多少晴れてきたのです。

これはチャンスと外に出てもう一度外観写真を撮り直したのが上の写真というわけなんですよ。

10月にしては暑い日でしたが、お二人のためにもいい写真を残してあげたいという気持ちで再撮に臨みました。

やはり外観写真というのは青空が見えると雰囲気が全然違いますよね。

このキャッスルプラザというホテルさん、名古屋駅からほんと近い距離にあります。

遠方からの招待客などにはとても便利な立地ですよ。

昔は「ホテルキャッスルプラザ」だったんですって。

「ホテル」を抜いたのは、泊まるだけの場所じゃないぞということでしょうか。

いろんなパーティなどにも使ってくださいねぇ~、ということでしょう。

チャペルは入り口横にありました。

小さいですけどもなんだかオシャレな雰囲気ですよ。

この鐘ももちろん鳴らします。

白を基調とした内装はとっても清潔感があふれておりました。

神聖な気分にさせてくれますね。

何階だったか忘れちゃいましたが、高速エレベーターでギュイーンと上がっていくと広い受け付けや待合ロビーがあります。

しかしちょっと残念なんですここ。

写真ではすっごく広々としたオシャレな空間に思えますが、これ、人がいない一瞬を切り取った写真なのです。

このすぐ両隣では違うパーティの受け付けがさらに二つありますから。

この広々ロビーを知らない人が行きかっておりますよ。

誰一人写っていないこの一枚は奇跡の写真となりますわ。

チャペルにはこんな素敵なリングピローと結婚指輪が置いてありました。

白の内装にキラッキラの指輪が光ってますよ。

この指輪を交換してお互いの愛情をより深いものとするのですね。

三段重ねのウェディングケーキは圧巻でした!

イチゴもおいしそうに見えますけども、ウェディングケーキのイチゴって酸っぱいんですよね。

写真を見ても唾が出てきますわ。。。

花嫁さんがブーケを持つと花嫁らしさが数倍にもなるのが不思議です。

これまたオシャレなブーケでした。

いつも乾杯前に写真におさめたいのがシャンパンの入った乾杯グラスです。

これが写真を撮りやすい位置に置いてあるとカメラマンとしては嬉しいのですが、なかなかそんな思うようにはいきません。

とりあえず新婦さんをバックに一撮!

ゲストさんをちょっとでも楽しませるためのアイデアがたくさん詰まった挙式披露宴でした。

こんなアンケートも面白いものですね。

「結婚生活で1番大切なことは?」

これ、どれも大事ですから。

なかなかこれとは決められないでいますが、「全部」と子どもみたいな回答となりますでしょう、皆さん。

本日ご結婚のお二人さんもその「全部」を大切にしていってくださいな。

本当におめでとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする