挙式披露宴を一眼動画で撮影し、ダイジェストとして編集します。
※一般的な記録ビデオ、記録動画ではありません。

 

119,000円(税抜き)

 

お二人の挙式披露宴を短編映画のような仕上がりとします。
著作権フリーのBGMを使用しますのでご安心ください。
ブルーレイに収録し納品いたしますが、ご希望であればDVDでの納品も可能です。
カメラマンはこれまで1000組以上の新郎新婦さんを撮影してきた私が撮影します。
様々な場面で撮影してきている経験から、どのような挙式披露宴にも柔軟に対応が可能です。

 

Point1 「最新のカメラによる美しい映像!」

 

最近のデジタルカメラの進化はすごく速いですね。
やはり機材の進化と共に映像の綺麗さも増しております。
そんな綺麗な映像を撮れる最新のカメラで撮る花嫁さんは例にもれず綺麗に映っちゃいますから。
古いカメラで古い映像よりも、新しいカメラで綺麗な映像、一生の宝物は美しい映像で残しましょう!

 

Point2 「ダイジェスト映像だから観てて飽きない!」

 

5~6時間にも及ぶ挙式披露宴の一日。
一般的な記録ビデオだと2~3時間の長編となってしまいます。
そんな記録ビデオ、ずっと観ていられますか?
私は観てられません、飽きちゃいますから。
これが20分ぐらいのダイジェスト映像だったらどうでしょう。
余裕ですね。
小さな子どもでも我慢して観ていられる時間です。
ウチの子もそれぐらいならじっとしていられます(笑
しかも短編映画な面白みと感動。
結婚式の映像を残すなら間違いなく「ダイジェスト版」がいいです!

 

Point3 「ダイジェスト映像だから著作権がらみは関係ない!」

 

これ、業界関係者だったら知らないでは済まされません。
あ、新郎新婦さんには関係のない話しかも知れません。
でも、結婚式というせっかくの晴れの日に、そういった訳の分からないトラブル関係には巻き込まれたくないですよね。
これとっても重要なんです。
普通に記録ビデオを撮ると会場で流れているBGMも収録することとなります。
これをそのままDVDやブルーレイに書き出して販売すると「著作権法違反」という、なんだか嫌な響きのトラブルに巻き込まれちゃうのです。
ネットで検索するとたくさんの怪しい言葉が出てきますよ→→→「天下の日本音楽著作権協会(JASRAC)様」の恐ろしい取り立てが来ますからぁー!
、、、ということですので、著作権料の必要なBGMがかかっている挙式披露宴をそのまま記録したビデオはそのまま新郎新婦さんに渡してはいけないのです。
もちろん対価を得ないような非営利な利用だったらいいのですが、そんな映像業者さんどこにおりますでしょうか。
新郎新婦さんからしっかりと代金をいただいて営業しているGLASSY-PHOTOとしては、著作権法違反に抵触するような行為は一切したくありませんし、そのような形で新郎新婦さんにご迷惑をおかけするわけにもいきません。
ですので、「記録動画・記録ビデオ撮影」は提供いたしません。
「挙式披露宴のダイジェスト映像」であるため、挙式披露宴でBGMとして流した楽曲はこのダイジェスト映像には一切使われませんのでご安心くださいませ。

 

挙式披露宴日の空き状況を確認致しますので、まずは以下よりお問い合わせ下さいませ。

 

お問い合わせフォームはこちら