GLASSY-PHOTO〔グラッシーフォト〕は、結婚式・披露宴会場に持ち込むスタイルの写真カメラマン(ウェディングフォトグラファー)です

自然な笑顔を写すウェディングフォトグラファー

今のところカメラマンは私一人で撮影に入っております。 流行りの2カメなどでなくてスミマセン。。。 でもその分、他よりもお安くブライダル写真を提供できているのが売りです。 こんなに安くても写真撮影の腕は確かですのでご安心下さい。 当日のお二人の自然な姿とたくさんの笑顔を撮影することを得意としております。 新郎新婦さんにとって最高の一日となるよう、おもてなしの気持ちを持って接することで、 お互いに良き関係を築きながら結婚披露宴を一緒に成功へと導こうと努力しております。 お二人だけに限らず、大切なゲストのみなさんの笑顔もたくさん撮ります。 ご両親のめったに見せない涙も撮り逃しません。 10年、20年、、、50年と経って、この結婚式の写真を振り返った時にも、 自然と笑顔がこぼれるような写真を提供致します。

挙式+披露宴の写真撮影枚数は800枚以上!

写真の撮影枚数に制限はありません。 無制限!です。 せっかくのお二人の大事な一日ですので、結婚式当日の写真はたくさん撮ります。 一生に一度の晴れ舞台ですので、写真が少ないよりはたくさんあったほうがいいですよね。 たくさん撮ってはいますけども、 お二人とゲストの心ある写真を写し出すため、 1カット1カットを大切におさめることを常に心掛けでシャッターを押しております。 この一枚の写真に至るには、これまでのお二人のいろんなドラマがあり、周りのたくさんの人の想いが込められているものであります。 そしてこの写真を見て笑顔になり、時には涙する、様々な思いに浸れるような数多くの写真を提供致します。 挙式披露宴ですと1000枚以上は撮影し、その中から目つぶりやブレなどの写真を除いたものをお二人にお渡しします。

日本全国から海外へも出張写真撮影可能

岐阜に事務所を構えているため、ホームとしているのは東海近郊地域です。 東海近郊とは、 岐阜、愛知/名古屋、三重、静岡、長野、滋賀、福井、富山、石川、、、 この辺りとなります。 東海地区というのは日本のほぼど真ん中に位置するため、 その好立地から日本の各地へ飛び立つのに適しております。 近畿地方(京都、大阪、奈良)への出張撮影も承ることが可能です。 こちらは静岡の東側よりも近いですね。 カメラマンが私一人ですからいろんな場所に同行することが出来ます。 日本の北から南まで、北海道から沖縄まではもちろんのこと、 海外ではグアム、バリ、ハワイなどもロケーションとしては最高ですね。 全国各地の結婚式場、ホテル、レストランなどの挙式披露宴会場へと 出張できますのでお気軽にご相談くださいませ。

ブライダルの流れを知る経験豊富なカメラマン

挙式披露宴の流れとして記録的な写真を撮影するのは当たり前ですが、そのシーンごとに見え隠れするドラマを見抜いてとらえること、これがウェディングフォトグラファーとしての使命です。 過去の経験から体は自然と動き、カメラマンとしてのクリエイティブな神経が研ぎ澄まされた鋭い感覚は、映画の一コマを切り取るように一瞬のシャッターチャンスをとらえます。 結婚式、披露宴の流れを完全に把握しているので、たくさんあるイベントに先回りして撮影の準備をしておくことが出来ます。 ですので、余裕を持って写真撮影することが出来、新郎新婦さんやゲストさんの自然とこぼれる笑顔や涙、感動的なシーンなどを写真におさめられます。

挙式前メイクシーンから披露宴後の送賓まで

結婚式の流れを完璧に把握している写真カメラマンですので、大事なシーンを撮り逃すことはありません。 そしてその撮影範囲も挙式前のメークシーンから披露宴後にゲストの皆様を送賓するまでしっかりとおさえます。 もちろん、結婚式場の外観や受け付けに飾り付けられた小物たちの写真も残します。 こういった写真も単なる記録として撮るのではなく、いかに美しく創造的な写真となるかを常に考えてシャッターを押しております。 ゲストのみんなと撮る集合写真も、挙式と披露宴の間に時間を設けて頂ければ気軽なスナップとしてお撮り致します。 これも撮ってほしい!というご要望にも出来る範囲でお応えいたしますのでお気軽にお申し出てくださいね。

撮影した大事な写真データの厳重な管理

お二人の最も大切なウェディング写真のデータは大事に大事に扱います。 一生の記念となる結婚式の写真ですからね。 この大切な写真データを無くすことは決してあってはなりません。 まず現場での撮影時には撮影と同時に2枚のカードメディアに写真データを保存し、バックアップを取っております。 挙式披露宴後に持ち帰った写真データはすぐにパソコンに保存します。 さらに同時進行で外付けハードディスクにも保存していきます。 その後、クラウドサーバーにも順次アップロードしていきます。 この2重3重に管理された写真データのバックアップ体制により、大切な写真データを失うことのないようにしております。 写真のことはどうぞ安心してお任せくださいませ。

GALLERY

これまでに撮影したブライダル写真の一部をギャラリーとして展示しておりますのでご覧ください

BLOG PICK UP

最近投稿したカメラマンのブログ記事です

残念な結婚式場さんはたくさんありますからお気を付けください

2016/7/17

披露宴会場のテーブル席には素敵なメッセージカードが置いてありました。 こんなのを見たらいつもよりも張り切っちゃう単純なカメラマンです。 、、、いえいえ、いつも張り切って写真撮ってますよ! 写真撮影する際は全て本気で撮るカメラマンですのでご安心を。 …

お二人とのご縁を大切にするウェディングフォトグラファー

2016/7/16

結婚式の持ち込みカメラマンに関してたくさんのお問い合わせを頂きまして誠にありがとうございます。 お問い合わせというのは、主にスケジュールの確認ですね。 お二人の結婚式に撮影が可能かお問い合わせ頂いております。 …

郡上市にある道の駅美並のパンフレット写真を撮影

2016/7/7

早朝ですので逆光が激しい! 今回はこの使えない写真をブログに載せます。 位置と時間でちょうど東に上る太陽が入ってきてしまいます。 フレアやゴーストがてんこ盛りな写真ですね。 昼前に撮り直しですわこれ。 …

一日一組限定

GLASSY-PHOTOは一日一組限定で写真撮影をする特別なカメラマンです

お二人のための…

挙式披露宴というのはお二人にとって生涯忘れられない特別な一日となります。そんな大切な日に写真カメラマンとして携われることはとても光栄なことであります。お二人にとって特別な一日であるからこそ、カメラマンである私も特別な対応をさせて頂きます。それは、お二人のための一日専属カメラマンであるということ。すべてはこの日の主役である新郎新婦のお二人のためにあるものとして専属カメラマンは写真撮影をさせて頂きます。お二人は挙式披露宴の一日を思う存分楽しんでください。カメラマンである私はそんなお二人が楽しんで笑っている姿や感動して涙している表情などをたくさん写真におさめていきます。もちろんお父さんお母さん親族友達、、、この結婚式に携わるゲストの方々のそれぞれの想いにもシャッターを押していきます。特別な一日に特別なカメラマンを、お二人のための専属カメラマンを是非ともお二人の結婚式・披露宴にお呼びくださいませ。

スケジュールをご確認ください

まずは当日が撮影可能であるかご確認くださいませ。スケジュールのご確認はお問い合わせフォームよりお願い致します。お急ぎの場合はお電話(0575-23-8175)でもご確認頂けます。(撮影・出張により電話に出られないこともございます)。挙式日当日が既に撮影予約が入っている場合もありますことをご了承くださいませ。お二人からのお問い合わせをお持ちしております。

NEWS PICK UP

ウェディングフォトグラファーとして関係のありそうなニュースを取り上げております
ハッセルブラッドから43.8×32.9mm5,000万画素CMOSセンサーを搭載した中判ミラーレスカメラ「X1D」
2016/6/23
発売日はまだ未定ですけども世界初の中判ミラーレスカメラですよ、すごいですねハッセルブラッド。しかもハッセルブラッドの中判にしてはお値打ちなのではないでしょうか。とは言ってもレンズ合わせて100万円超えですけど。ウェディングフォトで中判カメラを使うカメラマンはほとんどいません。私の周りではまずいないですね、中判カメラマンは。だいたいフィルムカメラを使うカメラマンが姿を消してきていますから。現在の結婚式写真はフルサイズセンサーのデジカメが主流ですが、そのうち中判が普通となる時代が来るのでしょうか。

コシナがフォクトレンダーブランドのレンズULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6Aspherical IIIを発表
2016/7/21
結婚式の写真撮影に現状使用しているワイドレンズは12-24mmなのですが、これはチャペル内で広角撮影する際にとても有効なレンズとなります。特に天井が高い教会などですととても雰囲気が出ていい感じなんですよね。しかし12-24mmの12mm側しか使うことがないのです。だったら12mmの単焦点レンズでいいということになります。ということで、このコシナの12mm単焦点は理想的なレンズとなるわけなのですよ。是非とも今後のウェディングフォトで使ってみたいレンズです。

シグマからの初となるミラーレスカメラ「sd Quattro」はウェディングフォトでは使えません
2016/6/28
使えますけども、使いません。このシグマの「sd Quattro」ですけども、高感度耐性が全然ないらしいです。ISO800が使い物にならないのだとか。これでは比較的会場の照明が暗い結婚式では使い物になりませんね。挙式披露宴での写真撮影は6400が使えるレベルのカメラでないと。暗いからと言って雰囲気を壊すようなストロボ発光を多用したくはないですからね。結婚式ではノンストロボで感動的な雰囲気を壊さずに味のある写真撮影を心がけているカメラマンです。